VPMで生々(イキイキ)経営。 テクノ経営総合研究所の企業インタビューサイトです。

 

テクノ経営総合研究所ホームページへ
 
 トップページへ戻る

ア 行 / カ 行 / サ 行 / タ 行 / ナ 行 / ハ 行 / マ 行 / ヤ 行 / ラ 行 / ワ 行
ものづくりコンサルティングに関わるキーワードや知識を掲載しております。
キーワードをクリックすると更に詳細な説明が表示されます。

キーワード

説明

【タ行】

多工程持ち

一人一工程の考え方を、ロスを少なくするために多工程持ちに変えることが必要である


多数加工

加工時間短縮の改善には、一個生産・一個加工より多数加工のほうが即効果が上がる


多台持ち

機械に人をつけて作業をする考えから機械に人をつけて行なうことがポイント


多能化

多能化とは、一人の作業者が種類の違う作業をいくつも行なうことができることをいう

多品種工程図法

多くの製品の流れの違いがわかるように同時に分類するのが多品種工程図法

多品種小ロット

時代は多様化、個性尊重になっている。時代に合った生産方法が生産体質の強化である

チョコ停

大きなトラブルの時間より、小さなトラブルの停止時間の積み重ねは意外に大きいものである

TPM

設備保全は一部の人では達成できない。全員参加のTPMが成功のポイント

点検リスト

トラブルが発生してからでは手遅れである。事前に起こらないようにするのが点検リストである

動作経済の原則

人の動きをもっとも速く、楽にするために考え出されたものが動作経済の原則である

動作三原則

人の動作にはムリ作業があるが、このムリを三つに分けたものが動作三原則である

動作分析

サイクルタイムの短い作業改善では、この動作分析は欠かすことができない

取り置き

作業を行なう中で部品や製品の移動は多いもの。改善着眼は取り置きがポイント

 
 
 

Copyright (C) 2009 Techno Management Research Institute Co., LTD.